新着情報!

2011-09-08
株式会社メルコホールディングスとの 株式譲渡契約の締結に関するお知らせ
2011-06-23
MacBook Air対応 SSD RunCore社1.8” SATA LIFタイプ MacBook Air Late 2008 / Mid 2009モデル対応販売のお知らせ
2010-2-25
SATA 6Gb/s対応 Crucial社2.5インチSATA SSD“Crucial Real SSD C300” シリーズ 128GB / 256GBのお知らせ
2010-1-29
高速1.8インチZIF SSD「BLUE POLARISシリーズ」(Read 100MB/s・Write 90MB/sの高速MLCタイプSSDのお知らせ
2009-12-10
高速2.5インチPATA SSD(Read 100MB/s・Write 90MB/sの高速MLCタイプSSDのお知らせ
2009-11-12
高速SSD Read Panther Sシリーズ 2.5インチ SATA Read Panther Pシリーズ 2.5インチPATA 1.8インチ PATA ZIF販売延期のお知らせ
2009-10-29
HANA Micron社製 高速1.8インチ ZIF SSD(Read 100MB/s・Write 90MB/sの高速MLCタイプSSD)販売のお知らせ
2009-7-10
ATA Multifunction Tester(ATA/ATAPIデバイス検査用)販売開始のお知らせ
2009-7-10
SATA Multifunction Tester(SATAデバイス検査用)販売開始のお知らせ

HDDやSSDについて

HDD〈ハードディスク・ドライブ〉 円盤を高速で回転させ磁気でheadを移動させる事で情報の記録したり読み込んだりさせる装置の一種。 また呼び方も、ハードディスクドライブやハードディスクや磁気ディスク固定ディスクなどと呼ばれ方があるのです。 また円盤のディスクがアルミやガラスなどの硬い素材が使用されてるため、「ハードディスク」と言われる。 ではハードの前の記憶装置だとプラスチィックでできた柔らかい素材のフロッピーディスクは記憶できる容量もハードでlスクに比べて少ないが持ち運びやすいよさもある。

いまではハードディスクもコンピュータはもちろんスーパーコンピュータにカーナビゲーションやBR、DVDレコーダーやゲーム機にも使用されている。 またハードディスクの使用量は相当な物なので故障はしやすい?または寿命が早いのホコリや衝撃に弱いので気をつけて欲しい、でも最近では昔に比べるとかなり丈夫になってきている。 ここでやっときたいのが、データのバックアップだコンピュータのデータは定期的にバックアップしとくと、いざと言う時に復旧が作業ができるので困らなくてすむ。

ハードディスクの歴史について ハードディスクが世界初この世に登場したのが1956年のIBMからで、これが世界初の記憶そうちである。 ディスクを何十枚も重ねていて、ドライブユニットの大きさは2台の大型冷蔵庫のサイズほどあったにもかかわらず 記憶できる容量は約4.8MBとかなりの小さかったでみたいです。 大きく変わったのが2000年代の家電が大きくデジタル化に進み映像や音声の記憶することが一般に広まり価格的にもそれなりの値段でかなりの量の記憶ができるように現在はなっています。

製品一覧

■産業用途向け製品群

 SSD(Solid State Drive)   CF (Compact Flash) 
 USB (USB DOM)   USB(ペンドライブ) 
 SSDコントローラ  

■測定装置・テスター・ソフトウェア・技術サービス

 ATAテスター  ATAバスアナライザ
 SSD監視 Software  SATAテスター
 SATAバスアナライザ  STS(SSD評価サービス)

■一般用途製品群

 SSD(Solid State Drive)  CF (Compact Flash)
 USB 3.0製品  USB(ペンドライブ)

SSDについて

  • その他取扱い製品

モビット店舗情報